« AX650-GLN(その2 | トップページ | WS003SHフレキ断線 »

2009年12月19日 (土)

WHR-HP-GN

先日の無線AP置き換え作業の続きです

Img_4580 今度はこの製品でチャレンジです。事前にマニュアルを読む限り、扱えるSSIDは最大3っつでそれぞれに認証、暗号化に制限があります。デフォルトではシングルSSIDでWPA/WPA2-Mixed TKIP+AESとなっていて何でも繋がりそうな状態になっていますが、どうやらWS003SHのWPA接続はWPA-TKIP単独でないと出来ない様です(WLA-S11GがAPだった時はWEP接続でした)。そこでWPA-TKIPを単独で使用しようとすると先の制限が少々問題になってきます。

SSID1:WPA/WPA2-Mixed TKIP+AES又はWPA-TKIP
SSID2:WPA-AES
SSID3:WEP

とSSID毎にプロトコルの割り当てが決められていて、003SHでWPA-TKIPを使用する為にSSID1を使用すると、PCで最高強度の暗号化を使おうとする場合WPA-AESを使うしか方法がなくなります。只、ざっと調べた範囲ですとWPAにAES暗号化を実装するとほとんどWPA2になってしまう様ですので(パケット改竄検出が強化されないくらい?その前に暗号破れないと改竄のしようも無く…)まぁokという事にします(^^;
WEPは以前に使用していた子機をどうしても使う時の非常用という位置付けになりそう。
先に候補として出てきたWR4100Nでは、セカンダリSSIDという記述しか見当たらなかったので、WPA-TKIPを単独使用する事になるとWEPが使えなくなる、又はWPA-TKIPとWEPの組み合わせになる可能性もあったのでパスしました。

で、サクッとセットアップ…ルーター生かしたままWAN側開放状態です。

WHR-HP-GNによる無線AP(以下AP)の追加ですので、既存ルーターが存在し、DHCPサーバーが稼働している状態を仮定します。そのままAPを繋ぎ込むと都合が悪いので下準備が必要です。具体的には固定IPを置ける場所?を作っておきます。
APのLAN側にはDHCPクライアント機能は無いので、IPを決め打ちしなければなりません。ウチではフレッツのレンタルルーターでDHCPを行っていますが、DHCPの割り当て範囲を192.168.0.100~110という様に設定して192.168.0.1~99の範囲に決め打ちIPを置いています。ありがちな設定としては192.168.0.1がルーターのLANポート。192.168.0.2をDMZ等。その次192.168.0.3でAPのLAN側を割り当てという感じでしょうか?通常のPCは、DHCPクライアントが有効な限り192.168.0.100からIPの配布を受ける事になります。ここまで準備出来たら、APを少々反則なのですがLANに接続してしまいます。ただし、もし現状のLANのIPアドレスが192.168.11.xxxで使用されている場合は、WHR-HP-GNのデフォルト状態とぶつかりますので、LAN設定を終わるまでは設定用PCと1対1で接続しておく必要があります。

APのLAN側IPアドレスはデフォでは192.168.11.1、サブネットマスクは255.255.255.0になっています。設定するにはPCを接続してwebブラウザを使う必要がありますので、PCのLANのIPを自動的に取得から192.168.11.2等に固定して接続可能な状態にします。webブラウザの接続等はマニュアルにて。

internet/LAN>LANでLAN側アドレスを設定。DHCPサーバーは既に存在していますので、競合しないようにAP側はOFFします。IPアドレスを設定したら再起動して設定を有効にします。設定PCもLAN設定を戻します。APに設定したIPアドレスに無事接続できれば続行です。

通常使用しているネットワークに接続されたからには早速管理パスワードを設定してしまう所なのですが、このAPは設定画面毎に設定を反映>AP再起動となるので、パス有りだと素晴らしく面倒なので後回しにします(ぉ
AP利用なので残るは無線と基本部分だけです。

無線設定>基本で、無線機能:使用する。チャンネル:自動。倍速モード:40MHz(11nを使用する場合)。ANY接続:許可。マルチセキュリティーを使用可能として、各SSIDの設定をします。今回は、SSID1と2を使用するとして、各SSIDの値を設定。SSID1の認証/暗号化はWPA-PSK-TKIPとします。WPA-PSKは2カ所に入力するように見えますが、共通なので片方に入力すれば良い様です。

無線設定>MACアドレス制限で制限をONにして、無線接続する子機のMACアドレスを登録しておきます。

管理設定>時刻で時刻を設定。

管理設定>NTPでNTPを使用しない。WAN側開放でNTPには到達出来ませんので。

管理設定>パスワードでパスワードを設定します。

Img_4582Img_4584  ACアダプタは5V供給です。1次側の電流は30mA程度でしたので、3W程度が消費される様です(HUBに1本接続)。 流石にHUB等も付いていますし、前出のLAN-PW150に比べると増えてしまいますね。尚無線出力の調整は有りませんのでいつでも全開の様です。普段使う子機の位置で電波強度が落ちはじめる位にセット出来るとベストかと思うのですが仕方ないですね。

そういえば以前に使っていたWLA-S11Gも同じメーカーですが、消費電力は半分程になって機能は大幅アップしてますね。筐体も密閉される事も無く、換気スリットが沢山付いていますので熱的なトラブルも無いでしょう(笑

今回は特に怪しい挙動も無く、止まる事も無い様です。一安心。

 

 

 

 

 

|

« AX650-GLN(その2 | トップページ | WS003SHフレキ断線 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WHR-HP-GN:

« AX650-GLN(その2 | トップページ | WS003SHフレキ断線 »