« ファイル鯖ディスク換装 | トップページ | JC-AS01ボタン換装 »

2013年10月29日 (火)

SG230CNのバッテリー

随分と長い事使っているいわゆるレー探ですが、内蔵のバッテリーが劣化してくるとエンジンキーオフ(電源オフ)と同時に「充電してください」コールを発して大変煩わしくなります(^^;
仕方ないので交換してみた記事になります
例によって追試はオウンリスクでどうぞ。という内容ですが、メーカーではいまだに交換バッテリーの扱いがありますので普通に交換出来ます。という事を知ったのは交換してしばらく経ってからユピテルサイトを覗いた時でした(笑) 
とうに交換部品など無くなっていると思い込んでいました。ユピテルGJ

Img_7066本体と外したバッテリー
本体下側の台座?部分の中に割とラフに組み込まれています
 
 
 
 

 

 

 

Img_7067アキバ某所で仕入れたバッテリー(右)
少々容量が減りますが問題無いでしょう

 

 

Img_7068劣化すると起電圧が下がると思いきやむしろ上がっていたのが驚き
劣化が容量低下の方向で出ていて過充電状態という事なのでしょう
もちろん容量は無いに等しい状態なので放電即充電コール発生
 
 
 

 

Img_7070元のバッテリー

膨れてるわ塩吹いてるわ終わってる状態…

 

 

 

 

Img_7073仕入れてきたバッテリーをちょいとトランスフォーム
ハーネスを移植します

つなぎはホットボンドを使用
バッテリー設置場所は個室状態なので特に絶縁処理もしないで組み込み(ぁ

 

 

Img_7074まっとうな起電圧
動作も正常になりました




|

« ファイル鯖ディスク換装 | トップページ | JC-AS01ボタン換装 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SG230CNのバッテリー:

« ファイル鯖ディスク換装 | トップページ | JC-AS01ボタン換装 »