« SG230CNのバッテリー | トップページ | DMP-R30 »

2014年1月22日 (水)

JC-AS01ボタン換装

ヘタの横好きではありますが、STGスキーなので時々弾幕まみれになって楽しむひと時があります。そのお供にどうしても必要になってくるのが入力装置であるゲームパッドやらジョイスティックになります(据え置き型はアーケードスティックとも言うらしい?)
数年前から表題のジョイスティックを使っているのですが、最初からボタンのタッチがイマイチ(押し込まないとオンしない感覚)なのを我慢しながら使っている状態でした。それでもショットで叩いてる分には特に問題にはならないのですが、某同人ゲームには自機のスピードを落とすのにボタンを押す操作があるので、押しっぱになるこの操作が結構シンドイのです(笑)
と、いう事でスイッチユニットなスイッチに換装してみた記事。あ、2014年もよろしくですね


5内部はUSB接続~コントローラ基板(一部ボタン受け)とボタン受け基板から成っています。ボタン受け基板はボタンの接点になっているだけなので、素直にボタンスイッチに繋ぎ替えれば動作しそうです。一応接点をショートしてチェック。つかUSBケーブルのブッシュ逆ですよね、、、



1ボタンはアキバ某所でコレを選択。色は4色使ってみました。




4元のボタンユニットより交換するボタンスイッチの方が径が大きいので、筐体を加工します。プラですのでヤスリでゴリゴリっとコスってしまいますが、
ボタンを押し込むのが少々キツい程度にしておきます。広げ過ぎると色々と面倒が発生すると思われます(^^;





3ボタン受け基板を分離して、ボタンスイッチを筐体に取り付けて配線していきます。基板のパターン通りにチマチマと… 電線ちょっと太いですねw

ボタンが受ける衝撃を支える為の支柱が有ったりと一見凝った作りに見えますが、電卓ボタン式ゆえに強く叩かれるから必要になっただけですね。最初からまともなボタンスイッチを使った方が何かと良かったような?




2出来上がり。
プレイに必要な体力がかなり減った気がします(笑)
入出力デバイスの手触りって重要ですね

|

« SG230CNのバッテリー | トップページ | DMP-R30 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JC-AS01ボタン換装:

« SG230CNのバッテリー | トップページ | DMP-R30 »