« 冷蔵庫の異音その2 | トップページ | AG-H350メンテ(その3 »

2016年2月 6日 (土)

AG-H350メンテ(その2

今回はTEAC製のAVレシーバーAG-H350の修理記事その2になります。
その1はこちら

1_5写真の日付より2013/04の出来事。どれだけ記事起こすの放置してるのかt
 
今回の不具合は音量が変動する。チャンネル間で位相差が発生している様な聞こえ方をする症状です
 
 
 
2_44_4開けたついでにハンダ割れを補修してしまいます
残念ながら原因はこれではありませんでした
 
ヘッドフォン出力は正常でしたので、ヘッドフォンアンプを持たないこのアンプではメインアンプの出力は正常という事になります
 
 
5_4メインアンプからスピーカー出力までの間にはミューティングリレーしか有りません。が、リレーの接点不良でこれ程変な音が出るとはまだ半信半疑でした
予備の手持ちは有りませんので、とりあえずリア用リレーを問題の出ているフロントに持ってきます
これにて復帰しました
ちなみに上の青いのがヘッドフォン用、右の青の隣の黒いのがフロントセンター用(確か)


67外したリレーをパカッと
ぱっと見何が不良なんだか判りませんね
 
後でリレーを調達してきて交換する事になります

|

« 冷蔵庫の異音その2 | トップページ | AG-H350メンテ(その3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AG-H350メンテ(その2:

« 冷蔵庫の異音その2 | トップページ | AG-H350メンテ(その3 »