2019年10月24日 (木)

AG-H350メンテ(その3

今回はTEAC製のAVレシーバーAG-H350の修理記事その3になります。
その2はこちら
 
2 今度は写真の日付より2015/9の出来事
 
 デジタル音声入力がロック外れしてみたり、デジタル音声入力の切り替えをすると電源が切れてみたりと怪しい動きをするので、電源周りを探検しに行ってみます。
 
 
9311




電源回路周辺のケミコンを総当りでチェックします。大きなサイズの物は比較的劣化が少なかったのですが~
78*新兵器LCRメーター*
このケミコンなどは規定の1/10も無い状態です。ブロック毎にツェナー分圧トランジスタバッファの電源が付いているのですが、ツェナー電流をケチ?ってるのかパラのコンデンサでリップルフィルタ的な動作になっているらしく、ここのコンデンサが干上がると負荷が増えたとき出力が落ちます。
で、外してはチェックを繰り返したところ判明したのは、アンプ上部で熱に炙られているケミコン程良く抜けているという事でした(笑)
14そうと判れば手持ち部品で交換できる所をひたすら交換。
しかしやたらと使われているケミコン多くてごく一部を交換して終了。結果はまだ変な感じ? 直りきってないですねorz



1516前回ミューティングリレーがアウトだったのでフタを開けたついでに交換。秋葉原調達のオムロン製はピッチが合わなかったので細工して搭載します。



17リレーの接点にもエージングが入ります。というか入るのを今回初めて知りました(笑) オリジナルのOEG製の物で1ヶ月少々、今回のオムロンG2Rで2週間ほど妙な音が出ていました。




音声系のケミコンも抜けまくっていたので交換していったのですが、手持ちが弾切れになってしまったのでorz さらに続きます。。。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

AG-H350メンテ(その2

今回はTEAC製のAVレシーバーAG-H350の修理記事その2になります。
その1はこちら

1_5写真の日付より2013/04の出来事。どれだけ記事起こすの放置してるのかt
 
今回の不具合は音量が変動する。チャンネル間で位相差が発生している様な聞こえ方をする症状です
 
 
 
2_44_4開けたついでにハンダ割れを補修してしまいます
残念ながら原因はこれではありませんでした
 
ヘッドフォン出力は正常でしたので、ヘッドフォンアンプを持たないこのアンプではメインアンプの出力は正常という事になります
 
 
5_4メインアンプからスピーカー出力までの間にはミューティングリレーしか有りません。が、リレーの接点不良でこれ程変な音が出るとはまだ半信半疑でした
予備の手持ちは有りませんので、とりあえずリア用リレーを問題の出ているフロントに持ってきます
これにて復帰しました
ちなみに上の青いのがヘッドフォン用、右の青の隣の黒いのがフロントセンター用(確か)


67外したリレーをパカッと
ぱっと見何が不良なんだか判りませんね
 
後でリレーを調達してきて交換する事になります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

DMP-R30

タイトルはDENON製のMDレコーダーになります(中身はシャープ製のMD-M20相当らしい)記事的には毎度の「追試はオウンリスク」な内容でs
2






今や過去に録ったメディアの風通し程度にしか使っていないのですが、ある日使おうと思ったら電源が入りません。ACアダプターは繋がったまま。バッテリーも入ったまま。さて、3択です
1.ACアダプターが動いていない
2.バッテリーがアウト
3.本体がお亡くなり
ACアダプタの出力を当たってみたところ3V程度しか出ていません。規格は4.5Vなので異常だと思われますが、負荷が掛かるとランプが点くギミックが有ったりするので確信が持てません。
次にバッテリーを当たってみると完全放電ではありません。ちょっと電源装置で充電してみますと本体の電源が入るのを確認できました。これで一番困る3番は消えました。しかし充電した感じだとバッテリーはかなりスカスカな感じです。
4オリジナルのバッテリーは入手困難でしょうから(と決め付けて)互換バッテリーを頼ります。
今回はロアジャパン扱いのAD-M20BT互換品を調達してみました。本来はOEM元であるMD-M20用ですね。



5オリジナルに対して細かいところに違いがありますが基本気にしない方向で。容量はえらい増え方していますけど(笑
で、新しいバッテリーに残っていた電力で本体の動作が出来ましたので…








6ACアダプタにも手を入れていきます
まずはパカっと… トルクスのいじり止め1本とツメで留まっています






7結果から言うと印を付けたケミコンが容量抜けでした。電解液を垂れ流したと思われるのですが、故障してからかなり時間が経ったらしく見分けが付かないので外して総当りで容量絶縁チェックしました。
2次側の制御用電源を作っているものと思われます。これだけ85℃品で温度的に辛かったのでしょう



9手持ちの関係で容量3倍で交換(ぁ
これで出力は4.5V出るようになりました。
しかし2次側出力にチョークが入っているだけではなく、1次側整流でも一度小さいケミコンで受けた後チョークが入って主平滑ケミコンに入るという凝った構成になっていました。折角ACアダプタがこんなに気を遣っているのに、本体はヘッドのシークでモーターのノイズが乗るのがナントも(^^;


8この基板の裏側には放熱(熱伝達?)用の板がシリコン系?の充填剤で付いています。部品交換の時には剥がす事になるので、終わった時点でバスボンドで貼って戻しておきます。



ACアダプターが復帰したので元のバッテリーを何度か充電してみましたが、MD1枚再生できない位に容量が落ちていました。結局1と2の2重苦状態でした。
以上で使用可能になりました。久々にヘッドホン出力を使ってみると(普段は光出力使用)潜在能力ありそうな音がするのですが、如何せんATRACなので…モッタイナイw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

JC-AS01ボタン換装

ヘタの横好きではありますが、STGスキーなので時々弾幕まみれになって楽しむひと時があります。そのお供にどうしても必要になってくるのが入力装置であるゲームパッドやらジョイスティックになります(据え置き型はアーケードスティックとも言うらしい?)
数年前から表題のジョイスティックを使っているのですが、最初からボタンのタッチがイマイチ(押し込まないとオンしない感覚)なのを我慢しながら使っている状態でした。それでもショットで叩いてる分には特に問題にはならないのですが、某同人ゲームには自機のスピードを落とすのにボタンを押す操作があるので、押しっぱになるこの操作が結構シンドイのです(笑)
と、いう事でスイッチユニットなスイッチに換装してみた記事。あ、2014年もよろしくですね


5内部はUSB接続~コントローラ基板(一部ボタン受け)とボタン受け基板から成っています。ボタン受け基板はボタンの接点になっているだけなので、素直にボタンスイッチに繋ぎ替えれば動作しそうです。一応接点をショートしてチェック。つかUSBケーブルのブッシュ逆ですよね、、、



1ボタンはアキバ某所でコレを選択。色は4色使ってみました。




4元のボタンユニットより交換するボタンスイッチの方が径が大きいので、筐体を加工します。プラですのでヤスリでゴリゴリっとコスってしまいますが、
ボタンを押し込むのが少々キツい程度にしておきます。広げ過ぎると色々と面倒が発生すると思われます(^^;





3ボタン受け基板を分離して、ボタンスイッチを筐体に取り付けて配線していきます。基板のパターン通りにチマチマと… 電線ちょっと太いですねw

ボタンが受ける衝撃を支える為の支柱が有ったりと一見凝った作りに見えますが、電卓ボタン式ゆえに強く叩かれるから必要になっただけですね。最初からまともなボタンスイッチを使った方が何かと良かったような?




2出来上がり。
プレイに必要な体力がかなり減った気がします(笑)
入出力デバイスの手触りって重要ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

SG230CNのバッテリー

随分と長い事使っているいわゆるレー探ですが、内蔵のバッテリーが劣化してくるとエンジンキーオフ(電源オフ)と同時に「充電してください」コールを発して大変煩わしくなります(^^;
仕方ないので交換してみた記事になります
例によって追試はオウンリスクでどうぞ。という内容ですが、メーカーではいまだに交換バッテリーの扱いがありますので普通に交換出来ます。という事を知ったのは交換してしばらく経ってからユピテルサイトを覗いた時でした(笑) 
とうに交換部品など無くなっていると思い込んでいました。ユピテルGJ

Img_7066本体と外したバッテリー
本体下側の台座?部分の中に割とラフに組み込まれています
 
 
 
 

 

 

 

Img_7067アキバ某所で仕入れたバッテリー(右)
少々容量が減りますが問題無いでしょう

 

 

Img_7068劣化すると起電圧が下がると思いきやむしろ上がっていたのが驚き
劣化が容量低下の方向で出ていて過充電状態という事なのでしょう
もちろん容量は無いに等しい状態なので放電即充電コール発生
 
 
 

 

Img_7070元のバッテリー

膨れてるわ塩吹いてるわ終わってる状態…

 

 

 

 

Img_7073仕入れてきたバッテリーをちょいとトランスフォーム
ハーネスを移植します

つなぎはホットボンドを使用
バッテリー設置場所は個室状態なので特に絶縁処理もしないで組み込み(ぁ

 

 

Img_7074まっとうな起電圧
動作も正常になりました




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

G9 レーザーマウス

すっかり修理ブログと化していますが、今回も修理ネタでございまs

001モノはこちら。ロジクールG9(無印)です。
MX518が出回った頃に買った記憶があるのでそろそろ5年でしょうか?ドラッグ中に落っこどす症状がたまに出るようになりました。ファイルをどこかに誤爆してしまったりするので直してみます。ついでにソールも減っていますので対処する事にします。






002ソールはこんな状態(減り具合がよく写っていない&ホコリで汚いw)
アキバで補修パーツが無いか探してはみたのですが無駄な努力でした。既に5年以上前の製品で後継製品もディスコンな状態でしたので仕方ないのでしょう。


003そこで庶民の見方カグスベール! 
ソールを探しに行ったアキバのショップでも推奨されたモノです(笑)結局近所のホームセンターで手に入れましたが、推奨するくらいなら店頭に並べておけば良いのに(^^;>ショップさん




004ってソールを貼ってしまうとネジが隠れてしまう訳でして…
ドラッグ誤爆修理の為にカグスベールを剥がして分解開始。(剥がしたカグスベールは後で筆者が再利用しましt)
上下を分離する時に、勢いで引っ張ってフレキを壊さないように注意。
コネクタのロックを開放して切り離します(黒い部分を引き上げる)



005メイン基板こんにちは。左右ボタンのスイッチはオムロン製マイクロスイッチです。FAの世界でも鬼のような耐久性を見せ付ける存在ですので、まずスイッチよりハンダ割れを疑います。
で、案の定スイッチと基板にスキマが空いた状態で組み立てられていましたので、ボタンで叩かれた衝撃はスイッチの足からハンダを通って基板へと伝わっていた事になり、機械的に弱いハンダが割れてしまう可能性大です。


006スイッチを再ハンダ。
スイッチを押し付けながら足3本共加熱して基板に接地するように付け直します。ついでに右ボタン側も処置。以上で復帰です。
G9の後継機出してくださいおねがいしまs>ロジ









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

VE-SV07

こちらの機械(メーカーサイト)をそこそこ便利に使っていましたが、ある日充電が出来なくなってしまいました。

充電が出来なくなった&大分長い間使っているという事で、何も考えずにバッテリーを新品(互換品)にして見たのですが、改善されませんでした。初期の症状として、親機に置いても接触不良のように充電が入ったり切れたりする事がありました。

001探検開始…いきなり子機の基板摘出まで進んでます
結局のところ○で囲ったトランジスタが故障していました。充電端子から基板への接続は留めネジで押さえる事で行われていますが、ネジの緩みもあったので、
接触不良発生>充電電源がオンオフを繰り返す>トランジスタの限界電流をオン毎に超えて劣化していく~な経緯と想像します



002_4手持ちの部品で一番小さい(薄い)ものを選択して換装。
面実装部品の中ではSC64パッケージが巨大に見えます(笑
 
 
スキマに接着剤で貼り付けて配線して接続してしまいます
以上で復帰出来たのですが、今回一番の難敵はいじり止めのネジかもしれません(^^;

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

HQ486電池交換(その2

こちらの記事の続編になります

2モノはフィリップス製HQ486で既に1度電池を交換しています。
その電池が容量低下&内部抵抗増加で元気がなくなってきたので再び交換の巻な記事です
2010/3に前回の記事を書いているので、ほぼ3年で寿命が来た事になります
画像は掃除前なのでアップで見るのはオススメ致しません(^^;

 
 

 

 

 
3上がお疲れ様の電池。下が今回調達してきた電池です。メーカーは同じですが容量は小さくなりました。小さいというよりはフツー?な容量ですね。むしろ単3サイズで2400mAhは高容量品の部類です。選んだ理由は店頭で¥200だったからです(ぇ
さて、今度はどれくらいもつのでしょうか?そろそろヒゲ剃り機自体が心配ではありますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

AX650-GLN(その4

以前の記事の続きとなります。実施日は2012/05 前回は2010/07
 

エンコード、3Dベンチ等で高負荷が入ると落ちる現象が出るようになってきました。2012/02よりFX8120システムに更新されていて、時折4.6GHzで鞭が入る状況です。

12パカッっとやってみると2本追加です。
はいっ、粛々と交換交換…






3摘出完了。お役目ご苦労様でした。






42007/02からほぼ5年で出力側フィルターコンは全数交換達成。なんともコメントに困りますね(^^;
気になるのは排気が温かすぎる(効率が悪い)事なので、そろそろ引退も考えた方が良さそうではあります。(実際この記事を書いている時点で退役済みだったりしまs)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

LCM-22W2

2012/07の出来事

表題のLCDモニタ(ウェスチングハウス製)を多入力なのを良い事に、テレビモニター用途を中心にして便利に使っていました。が、電源が入りにくくなる症状が出てきました。具体的にはコールドスタートに失敗し、再投入で起動するという状態です。
尚、電源は本体のスイッチでは操作せず(裏面にあるので使い辛い)スイッチ付きテーブルタップでオンオフという使い方です。

不調な電源が他の部分の破壊活動を始める前に修理してみました。例によって追試等はオウンリスクな記事になります。

1裏蓋をパカッ 
液晶フレームと基盤カバー(と言うよりVESAマウントの付いたフレーム)が見えるだけのシンプルなモノです

 

 

2_2基盤部はこんな感じ。左が信号処理、右が電源部になります。
症状からすると電源部がクサイ訳ですが…

 

 

3_3もっこり&噴火ケミコンのオンパレードでしたorz
ケミコン交換ネタ確定です

 

 

4手持ちの部品でテキトーにワシワシと交換です。スイッチング電源の出力フィルタコンデンサなので低ESR品であれば近い容量(盛り方向)でおkな方向で進めます。今回の主力は某千石経由のニチコンHZです

 

 

 

5こちらは使用済みケミコン
2008年頃から使用していたので4年程度でしょうか?もう少し長持ちして欲しい気がします

 

 

以上で復帰です。バックライトインバーターの音が聞こえるようになっていたのがまた静かになりました。

コンポジとS入力を持ったPCモニタも最近は少ないので、バックライトの寿命まではムチ入れていきたいですね(笑 まぁスキャンコンバーターを使えば良いのでしょうが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)