2015年2月11日 (水)

nexus6

2014年は記事が3件のみとお寒い状況でしたが今年もよろしくです
ネタはいろいろ有ったので忘れないうちに備忘録化しないと…
とか思いつつ年末にウチ的には大物がやって来たのでその記事から

Img_8715コイツでs
初代W-ZERO3からwin-mobileスマホを使い続けていた訳ですが、とうとう宗派替えとなりました。取敢えず4年使う事を目標にしてみますがandroidが64bit化した今、32bit機がいつまで使えるのやら?

 
 
 
 

 MS待ちくたびれました
初代>灰鰤と使っていたのですが、コイツに行き着いた訳など
・「windows」と名が付く事でPCサイトに繋がるのですが、近年のwebサイトは重い。特に広告が重くてページが開かない(^^;
・↑無線LAN経由だと意外と開いたりするので電話回線でパケ待ちになると何も出来ない構造なのかも?結果エクセルが使える電話機と化していた
・また電話会社が変わってパケ1Gbyte、2年間限定の条件ながら¥2980のコースが出現した(Dポ→willcom→Ymobile。次はソフバンが決定している模様?)
 ・弱体化したものの通話10分300回無料が付き+¥1000で無制限に変更も可
 ・2年後にはもっとお得なコース又は格安SIMが出現しているだろう
・SIMフリーであるnexus6が取り扱い機種になった
 ・android5.0リリース直後で長く使うには有利と期待
 ・アプリの互換性に関しては初ドロイドなのであまり気にならない(んじゃないかな?)
・win-phone機が壊滅に近い(今頃OSライセンスタダにしても…)
 
 
 

 

 
 Google now

Img_8717かつて初代W-ZERO3がそうであった様に携帯電話としては最大級のサイズ。このサイズは無いわーとか言われても老眼入ってきてる身には何にも替えられないメリットになります
spigenのSLIMARMORを装着。本体にストラップ穴が無いのでカバーに穴を開けてストラップを取付け。命綱は大事ですよね?
以下気付いた所を羅列

 
 

・カバーを付けると一層デカイ
・急速充電が超便利(QuickCharge2.0)
・電池の持ちは良好?メール受けメインなら半分になるまで3日
・ヤ○ーのアプリ電池とパケット使いすぎジャネ?
・GPSはこまめに省エネ設定戻し&OFFが必要っぽい(上からスワイプして位置情報ONにするとGPSがオンする)
・縦画面でQWERTYキーが実用になる
・正面ステレオスピーカーは意外と頑張っている(ソコは頑張り所ナノカ?)
・イヤホン出力はあまり期待しちゃダメ
 ・少々分離が悪く眠い感じ
 ・あまり出力が取れない(HD650相手だとほぼ全開。イヤホンか能率高めの機種が無難そう)
・流石にPHSより3Gの方が特に建物内での電波の掴みが良いです
・ゲームをDLしたくなる衝動が走るw


 ○ahoo?
 
 
・pdxメールの引継ぎが可能だがMMS扱いになる(MMSとEメールの差って何ぞや…willcom優秀だったな(遠い目))
 ・文字数制限が出来てるような気がする(どこで制限されてるんだろう)
・連絡先からMMSクライアント(メッセンジャー)にメアドが伝わらない
 ・連絡先からメアドをコピペして使用するのだそうです(ぇー
・いや普通?のメーラーでキャリアメール使いたかっただけなんですけど何で難しいのだろう(Yモバ公式にはヤフーのフリーメールを使えと言っているw)
・契約時に帯域制限が掛かるとメールすら辛いと脅された。実際どうなんでしょうね?
 ・色々新規契約抱き合わせ販売を勧めてもらいましたが2年間トータル費用を算出させるとすべて単純な更新より高くなるので、メリットデメリット要るもの要らないものは自分の中でハッキリさせておくのが吉

 
 

Img_8740今のところメール周りに問題を抱えた運用になっています。結局のところキャリアメールを捨ててどこぞのフリーメール(プッシュ対応)に頼るしか無いという事になりそうです。そうするとヤフーかグーグルかMSか?みたいな選択肢になるのでしょうか(どこがこの先生き残るのだろう?)今使ってるF系ISPは対応する気あるのかなぁ(^^;;
まぁ色々考える所があって面白いやらメンドクサイやらw…ガラケーに戻るユーザーの存在も理解できますね
アプリ とかの選択はボチボチと…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

W-ZERO3ESフレキ交換@ニコイチ

どうあっても切れないと気が済まないらしいスマホのスライドキーボードのフレキ切れな記事その2

1 ある日ESマニア?な友人が受話が出来なくなったので3台目を入手したと嬉しそうに?連絡してきましたw
ちなみに1台目はタッチパネルに損傷があって画面下部でのトラッキングが狂っています。
 

 

2 異なる部分が故障している訳ですから生きている部分を集めれば1台は復帰出来るハズです。で、やって頂戴な話になったのでお預かりして解体開始。
ウチは高いよ?(ぇ

 

3 前面、スライド部分、後部(本体?)の3枚におろしたところ。液晶パネルかフレキシブルケーブルの移植かの2択なのでイージーモードのフレキを選択。いや色々状態が良い方を選んだだけですホント(笑
 

 

4 摘出されたフレキ。向こう側が見えてしっかり切れている事が判ります。初代03の物より強化されて見えるのですが、場所が場所だけに無理があるようですね。電池より寿命が短いパーツなのに修理に出すと¥7k~というのはこれまた無理が大きい気がします…

予定通り?1台復帰出来たので、無事予備機として帰って行きました。ESマニアの戦いはまだまだ続く事になりそうです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

WS003SHフレキ断線

最近ADRで騒がれているwillcomですが、予約開始当時、受け付けサーバーがダウンする程の騒ぎになった初代W-ZERO3です。この時使っていたパナHV200の電池が気持ち膨れて始めていたのですが、その後始まった抽選に「どうせ当たらないし当たらなくても別に困らないし~」と、冷やかし半分以上で応募したら当たってしまった(笑)な機械です。2005年12月から運用しています。

Img_4528 (画像はスリープ復帰に失敗する真っ黒病(笑)の様子)

さてある日電話がかかってきたのですが、相手の声が聞こえません。というか、完全に無音です。ボリュームやら設定をいじりますが状況変わらず。相手もその間リトライしてきます(笑 イヤホンマイクを接続して事を済ませましたが、その後、スライドを動かしていくと受話スピーカーから聞こえるようになる所が有るのを発見したので、一部で有名な?フレキ切れと特定しました。

 

Img_4592 フレキシブルケーブル(略してフレキ)を部品として供給してもらえれば、交換作業は可能だとバラしてみて判ったのですが、やっていない様ですので修理に送るしかありません。修理依頼書には知った振りしてフレキが~とか書かずに症状と発生条件を簡潔に正確に書くのがポイント。

この時、店に代替機が無く、友人からタッチパネル操作が飛ぶのでドナー候補?になっていたES(007)を借りたのですが、W-SIMの差し替えで電話機本体?を交換出来るのは助かりますね。

で、1週間経たずに帰って来ました。伝票にはフレキ交換の内容があり、約7000円でした。保護袋の「毎度ありがとうございます」のロゴが、「何年後かにまたよろしくね(キラッ」に見えるのは私だけではないハズ(^^; 部品で下さいお願いします…

このサイズのW-ZERO3後継機をずっと待っているのですが来ませんねぇ。段々小型化するどころかフルキーまで外されてしまいました(^^;; WMをOSにする以上「使える」レベルを確保する「最低限のサイズ」も存在すると思うのですが如何でしょう?逆にせっかく図体が大きいのですから、PHS/GSM-W-SIMスロット、XGP/3G-W-SIMスロット、GPS、miniSDスロット、SDIOスロット、USBホスト、BT、wi-fi、IR、スタイラスと全部載せれば良いのだと思います。U-SIMはW-SIMに差さる様に頑張ってもらうか、W-SIMのアッパーバージョン(WW-SIM?)を用意するべきでしょう。
バッテリーはスロットインでレバー1本で交換可能。バッテリー充電器(USB電源)をオプションで用意。キャパシタで1分程度スリープ持続可能にしておけばバッテリーを小さくしてもアリだと思います。どのみち無線を生かせばバッテリーは使い切ってしまうのですから交換前提で良いかと。逆にPHS待ち受けのみだと1週間持ってしまう訳ですしね。
あ、あとキー、タッチパネルロックは絶対にハードキー(スライド等)です。長押し操作なんてそれだけで使えない度10倍増しです。頭の後ろまで振り上げた事もあります(笑 現状ウエストバッグのポケットに硬い保護板(付属の袋)を入れて、それを画面側にして003を突っ込む事でキーロックしていません。パナのアンテナキーロックは秀逸でした。あー007の構造でスタイラス少し引き抜いたら解除でもイケるかも知れませんね。
ちなみにD4でまともに電話機能が動いて受話器も付いていれば、あれで電話する気満々でした(笑 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WHR-HP-GN

先日の無線AP置き換え作業の続きです

Img_4580 今度はこの製品でチャレンジです。事前にマニュアルを読む限り、扱えるSSIDは最大3っつでそれぞれに認証、暗号化に制限があります。デフォルトではシングルSSIDでWPA/WPA2-Mixed TKIP+AESとなっていて何でも繋がりそうな状態になっていますが、どうやらWS003SHのWPA接続はWPA-TKIP単独でないと出来ない様です(WLA-S11GがAPだった時はWEP接続でした)。そこでWPA-TKIPを単独で使用しようとすると先の制限が少々問題になってきます。

SSID1:WPA/WPA2-Mixed TKIP+AES又はWPA-TKIP
SSID2:WPA-AES
SSID3:WEP

とSSID毎にプロトコルの割り当てが決められていて、003SHでWPA-TKIPを使用する為にSSID1を使用すると、PCで最高強度の暗号化を使おうとする場合WPA-AESを使うしか方法がなくなります。只、ざっと調べた範囲ですとWPAにAES暗号化を実装するとほとんどWPA2になってしまう様ですので(パケット改竄検出が強化されないくらい?その前に暗号破れないと改竄のしようも無く…)まぁokという事にします(^^;
WEPは以前に使用していた子機をどうしても使う時の非常用という位置付けになりそう。
先に候補として出てきたWR4100Nでは、セカンダリSSIDという記述しか見当たらなかったので、WPA-TKIPを単独使用する事になるとWEPが使えなくなる、又はWPA-TKIPとWEPの組み合わせになる可能性もあったのでパスしました。

で、サクッとセットアップ…ルーター生かしたままWAN側開放状態です。

WHR-HP-GNによる無線AP(以下AP)の追加ですので、既存ルーターが存在し、DHCPサーバーが稼働している状態を仮定します。そのままAPを繋ぎ込むと都合が悪いので下準備が必要です。具体的には固定IPを置ける場所?を作っておきます。
APのLAN側にはDHCPクライアント機能は無いので、IPを決め打ちしなければなりません。ウチではフレッツのレンタルルーターでDHCPを行っていますが、DHCPの割り当て範囲を192.168.0.100~110という様に設定して192.168.0.1~99の範囲に決め打ちIPを置いています。ありがちな設定としては192.168.0.1がルーターのLANポート。192.168.0.2をDMZ等。その次192.168.0.3でAPのLAN側を割り当てという感じでしょうか?通常のPCは、DHCPクライアントが有効な限り192.168.0.100からIPの配布を受ける事になります。ここまで準備出来たら、APを少々反則なのですがLANに接続してしまいます。ただし、もし現状のLANのIPアドレスが192.168.11.xxxで使用されている場合は、WHR-HP-GNのデフォルト状態とぶつかりますので、LAN設定を終わるまでは設定用PCと1対1で接続しておく必要があります。

APのLAN側IPアドレスはデフォでは192.168.11.1、サブネットマスクは255.255.255.0になっています。設定するにはPCを接続してwebブラウザを使う必要がありますので、PCのLANのIPを自動的に取得から192.168.11.2等に固定して接続可能な状態にします。webブラウザの接続等はマニュアルにて。

internet/LAN>LANでLAN側アドレスを設定。DHCPサーバーは既に存在していますので、競合しないようにAP側はOFFします。IPアドレスを設定したら再起動して設定を有効にします。設定PCもLAN設定を戻します。APに設定したIPアドレスに無事接続できれば続行です。

通常使用しているネットワークに接続されたからには早速管理パスワードを設定してしまう所なのですが、このAPは設定画面毎に設定を反映>AP再起動となるので、パス有りだと素晴らしく面倒なので後回しにします(ぉ
AP利用なので残るは無線と基本部分だけです。

無線設定>基本で、無線機能:使用する。チャンネル:自動。倍速モード:40MHz(11nを使用する場合)。ANY接続:許可。マルチセキュリティーを使用可能として、各SSIDの設定をします。今回は、SSID1と2を使用するとして、各SSIDの値を設定。SSID1の認証/暗号化はWPA-PSK-TKIPとします。WPA-PSKは2カ所に入力するように見えますが、共通なので片方に入力すれば良い様です。

無線設定>MACアドレス制限で制限をONにして、無線接続する子機のMACアドレスを登録しておきます。

管理設定>時刻で時刻を設定。

管理設定>NTPでNTPを使用しない。WAN側開放でNTPには到達出来ませんので。

管理設定>パスワードでパスワードを設定します。

Img_4582Img_4584  ACアダプタは5V供給です。1次側の電流は30mA程度でしたので、3W程度が消費される様です(HUBに1本接続)。 流石にHUB等も付いていますし、前出のLAN-PW150に比べると増えてしまいますね。尚無線出力の調整は有りませんのでいつでも全開の様です。普段使う子機の位置で電波強度が落ちはじめる位にセット出来るとベストかと思うのですが仕方ないですね。

そういえば以前に使っていたWLA-S11Gも同じメーカーですが、消費電力は半分程になって機能は大幅アップしてますね。筐体も密閉される事も無く、換気スリットが沢山付いていますので熱的なトラブルも無いでしょう(笑

今回は特に怪しい挙動も無く、止まる事も無い様です。一安心。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)